ブルーレイの作成

本屋に年賀状のソフトや素材集が並び始めると、今回も作らなきゃなあという気持ちになります。
なんでもオリジナルを取り入れるのが良しとされる時代(だと個人的には思っています)なので、良いものを作ろうと思うとそれなりに手間がかかりますよね。
年賀状と同じように、自分専用のDVDを焼くのもブルーレイディスクを焼くのも、手間隙をかければやっぱり良いものはできるわけです。

ディスクの作成にはまず、知識がないところからスタートするなら情報の収集から始めないといけません。
そこにも当然時間が費やされるわけです。
でも、一度手に入れた知識は簡単になくなることはありません。
ちゃんと自分の財産として蓄積されるんです。
そう考えたら、そこにかける手間隙というのはあまりムダなものとは思えないですよね。

実家のDVDの機械がブルーレイ専用に替わったのをきっかけに、ブルーレイの作成に挑戦したことがあります。
それはもう大変で大変で・・。
おそらく、私以外の人がやればこんなに大変に感じないと思います。
私はすごい機械オンチで、説明に出てくるカタカナが苦手な上に物覚えも悪く・・。
いいとこナシじゃないですか。

あんまり言うと落ち込みそうなのでこのへんで。
パソコンでやったんですが、専用のソフトをインストールして作りました。
誰も教えてくれる人が身近にいなくて、時間もそんなになく、我ながらよく頑張ったと思います。
一度やったのでやり方は分かりますが、もうやろうと思いません(笑)