スライドショー制作は写真選びがポイント

講演会で使う資料をスクリーンに映し出すことは、よくあるパターンです。
配布された資料と照らし合わせながら、見られるメリットも大きいですよね。
このような手法は、みなさんもご存知ではないでしょうか。
いわゆる「スライド」ですが、その方法も時代とともに大きく変わってきました。
以前は、スライド映写機に写真をセットしていくパターンが一般的でした。
大変根気のいる作業です。
しかも、写真の順番を間違えると台無しになってしまいます。
また、話の内容に合わせながら、写真を切り替えていく必要があります。
このような理由から、担当者は緊張の連続だったのではないでしょうか。
現在は、スライドショーをつくる方法があります。
パソコンを使ってつくるほか、DVD制作会社に依頼してもよいですよね。
スライドショーは、映像が連続して流れるのではなく、一定の時間止まるところに大きなインパクトがあります。
また、独特の雰囲気が味わえるのではないでしょうか。
それだけに、スライドショー制作には写真選びが大きなポイントです。
結婚式で行なう新郎・新婦紹介のシーンなどでは、重要な役目を持つことを知っておきましょう。