短期留学のメリット&デメリット

留学する期間は短期から長期まで人によって異なりますが、1~2週間程度で行かれる短期留学なら気軽に留学することができます。
短期留学なら海外旅行の延長の感覚で、長期の休みが取れなくでも夏休みなどのお休みを利用して留学することができます。
期間が短いので、時差や天候、言葉になれた頃に帰国となってしまうので、もっと長くいたいなぁという後悔が残ってしまうデメリットもあります。
また語学留学の場合、短期間では飛躍的な向上は難しく、1~2週間程度の留学では言葉を使う自信や慣れを身に付ける程度になります。
語学力をアップさせるには最低でも4週間はかかり、もう一段階レベルをアップする事が目標なら8~12週間はかかると考えるといいでしょう。
短期留学は語学学校で学んだり、海外生活を体験することができるので、今後長期留学を考えている人にとっては長期留学がイメージしやすくなります。
短期留学ならほとんどの場合、ビザの取得は不要で、事前の準備もそれほど難しくはありません。
また費用もそれほど高額にならず、社会人でも長期休暇を利用して留学することができます。